フェイシャルレーザー

  • TOP
  • フェイシャルレーザー

フェイシャルレーザー

(1)色調の改善(ソバカスやくすみを取る)

ジェントルエレーズがメラニンに反応しやすく、また同時に皮膚の表層を冷却ガス(DCD)で保護できるという特徴を生かしています。ソバカスや肌のくすみなど薄いシミをマイルドに改善していきます。スポットサイズも大きく、フルフェイス照射する場合でも短時間で済み、結果として全体的な美白効果が期待できます。

(一般的にいわゆるシミの治療には、これまでQスイッチアレキサンドライトレーザーやルビレーザーがよく使われてきました。これらのレーザーでは、大変治療効果が高い反面、衝撃力が強いためにカサブタが残り、上皮化後も炎症性の色素沈着が数ヶ月続く場合がよくあります。いわゆるダウンタイムが長期間にわたり必要で、照射後に カットバンが必要であったり、外出時やお化粧の問題が生じていました。一方、ジェントルレーズではカサブタはできず(できても7~10日)、しっかりクーリングしていただいた後は普通に化粧も可能です。)

(2)吹き出物を少なくする(ニキビの改善)

吹き出物(ニキビ)を少なくするという効果は、ジェントルレーズで顔のうぶ毛、あるいはヒゲの脱毛時ができること、また同時に毛包内などに存在する雑菌を殺菌することによって得られると考えられています。結果として「毛」に起因するニキビの改善を促進させることになります。

(3)皮膚のコラーゲンを活性化させる(肌のキメを細かくする、ハリをもたせる)

レーザー光が皮膚深部まで到達し、そのエネルギーが熱に変換され、皮膚内で軽い炎症が生ずることで得られると考えられます。皮膚の線維芽細胞の活性化、そしてコラーゲン産生の促進によって、肌の内側からキメやハリを改善していきます。ただし、レーザーピーリングだけでは即効性が弱く、他の治療法(ケミカルピーリング、トレチノイン酸など)を併用することが有効とされています。

注意事項:
  1. 照射時は、ゴーグルで目を覆って確実に保護することが重要です。
  2. 照射直後は抗炎症効果のあるクリームを塗布しますが、当日はご自宅でのクーリングも有効です。
  3. 照射後は十分な日焼け対策をおこなってください。
  4. 1回だけでは著明な効果は難しく、徐々に改善していくことになります。通常、複数回の照射が必要であることを理解してください。再照射は約3~4週間を目安にしてください。
  5. また、レーザー単独療法よりは、併用効果の方が相乗効果により高い効果が得られることを理解しておいてください。

フェイシャルレーザー後のお手入れについて

レーザー治療後のお肌は普段より、敏感になっています。レーザー照射の直後は、個人差もあり、皮膚の発赤や軽度の腫脹が認められる場合もありますが、数時間後には落ち着き、元の状態に戻ります。

また、お肌の状態は一時的に、やや乾燥しますので、しっかりと化粧水・美容液・乳液をたっぷりとつけるようにしてください(普段から使われているもので問題ありません)。翌日からはいつもどおり、お化粧していただいて構いませんが、下地の前に必ず、日焼け止めクリームを塗布するようにしてください(約1ヶ月の間は、皮膚が過敏な状態が続きますので、徹底した紫外線対策が重要です!)。より美しいお肌のために、毎日の化粧水パックをお勧めします。

フェイシャルレーザーは治療後すぐに効果が出現するものではありませんが、3週間~1ヶ月後には少しずつ(お肌の状態により個人差があります)毛穴が目立たなくなり、しみやくすみが薄くなっていきます。回数を重ねることにより、より効果的になり、うぶ毛の脱毛効果もありますので、お試しください。

診療時間

住所
〒586-0048 大阪府河内長野市三日市町243-1
TEL
0721-62-7575
FAX
0721-62-7576
駐車場
当院・薬局前 (11台)
眼科さん横の道路沿い (10台)

整形外科、リハビリテーション科

診療時間 日・祝
9:00~12:30
16:30~20:00
休診日
水曜午後、土曜午後、日曜・祝日
受付時間
午前12:00 午後19:30まで